2007年12月16日

ハムとアイの愛車探し

(12月10日の日記です)

ログインしてハムを探すと、大きなバスの目の前に到着しました。
(ん??何だろう??)
そのバスを見ると、近日ニセコ4にオープンする「HOTEL MOONLIT」と書かれてある。

バスの中から、ハムと友人の声が聞こえます。
「HOTEL MOONLIT」では、以前よりバイトを募集していて、その友人もそこでバイトをすることになったそうですが、何故か(?)バスの運転を任されている様子。手渡されたバスを運転することになったようですが、かなり苦戦していたようで、ハムが教えてあげていました。

私もバスに乗り込み、ハムの運転でニセコを走り回りました。
SIMとSIMのつなぎ目で、埋まるような所もありましたが、何とか切り抜けて脱出。

071210-2.jpg

ふと見ると、エメ(allyさん)の姿が・・・。
(離席中なのか)何故か道路の真ん中で突っ立っています。
バスはそのまま突っ走るかと思いきや・・・突っ立っているエメを避けて通り過ぎていきました。通り過ぎた所で一時停止。
その間に私は、通行の邪魔になるので、突っ立っているエメを看板の後ろへと追いやっておきました。

再びバスは走り始めたのですが、またもやSIMの切れ目から抜け出せない状況に・・・。
ふと気がつくと、バスが浮いてる!
視点を移動して見てみたら、タイヤが横になっていて、ジェット噴射が出ていました。
うお〜〜〜っ!!そんな機能がついたバスだったとは・・・。

071210-1.jpg

一通りニセコを巡った所で「HOTEL MOONLIT」に到着。
ホテルに着くと、オーナーさんが出てきていました。

071210-3.jpg

今度は、オーナーさんも一緒に乗り込んでのニセコ巡りです。
ハムの運転は、なかなか上手なんですよ。
運転をしていたハムが、突然(大きな声で)「アイ!!!!!」と叫びました。
何事かと思い聞いてみると、自分もバスを買って、ニセコに遊びに来た人たちを案内してあげたいと言います。しかも、私はそのバスガイドだって!

バスの運転手&バスガイド。
まさに絵に描いたような構図・・・。
そう!またもやコスプレの出番到来です。

私もその意見に賛成!!
ホテルのオーナーさんが気を利かせて、ホテルのバスを使って良いという話しにもなりましたが、逆にホテルの看板を背負って運転する程、拘束されてしまうのも、疲れてしまうので、ハムが自ら用意することになりました。

そうと決まればバス探しです。
ハムがバス探しをしている間、私はバスガイドの事を考えていました。

「ニセコ」「ニセコ2」「ニセコ3」「ニセコ4」「ニセコヒラフ」の5つのSIMの土地感が、実はまだ私には無かったんです。
車やバイク、ヘリコプターといった乗り物を操縦するのは、その持ち主であるハムが操作をしていたので、私はただ隣に乗り込むだけ。
どこのSIMが、どこのSIMにつながっているのか、さっぱりわからなかったんです。

バスガイドなのに、どこに何があるのかもわからない・・・。
それじゃあ、いくらなんでもガイドとは呼べない、ただの存在でしかなくなってしまいます。
そこで!自分の乗り物を買って、勉強してみようと思い立ちました。
別に乗り物は持っていなくても、歩いたり飛んだりすればいい事だったとは思いますが、丁度車が欲しいな〜と思っていた所だったので、すぐさま検索して調べてみることにしました。

車と言っても適当な車ではなく、私が個人的に欲しかった車があったので、それを探していました。だけど見つからない・・・。
こういう時こそ、車好きのエメに聞かない手はありません。

エメに内容を説明して聞いてみると、Sちゃんが知ってると思うって。
次にSちゃんに連絡を取って聞いてみると、Jちゃんが持ってると思うって。
で、Jちゃんに連絡したら、ありました、ありました!!
(女性アバターの情報網というのは、すごいものです)

Jちゃんに事情説明をして、その車が売っているお店はどこかを教えてもらうつもりでいたのですが、実はJちゃん、その車を持て余していたようで、その車を私にくれると言います。
それはいくら何でもと思い、その分のお金を払うと言ったのですが、ヒラフにオープンする喫茶店の開店祝いにと、貰ってしまいました。

ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい

Jちゃんだったら知っているかもしれないと思い、ついでにバスが売っているお店は知らないか?と聞いてみることにしました。
しばらく後、ここだったと思うよ〜と座標を示してくれました。
うわ!!なんで知ってるんだろう??
だけど、本当これで助かりました。

頂いた車を、早速家の前に置いてみることにしました。
わ〜かわいい♪
やっぱり、ミニクーパーコンバーチブルは、かわいいわ〜。

071210-6.jpg

その後、ハムがいる場所へテレポート。
着いた先はどこか外国のようで、ハムはその店の方と英語で会話をしています。
バスは置いていないか?と聞いているのですが、お店の方は難しそうな顔をしています。

結局、この外国のお店ではバスは売られていなかったので、Jちゃんから教えてもらった座標に行ってみることにしました。
着いた先は、日本の巣鴨!
周りを見渡すと・・・あ!!バス発見!!

バスの販売のことが記されたポスターを見ていると、この店の社長さんが出てきました。
社長さんと言っても、アバターは小学生。
背中にはランドセルを背負っています。
まずは飲物でも・・・とウェルカムドリンクまで出され、話をすることにしました。

バスって一口に言っても、いろいろあるものなんですね〜。
観光バス・高速バス・市バスにお座敷バス。
自分たちが使用する目的だったり、使用したい機能だったりを伝えた上で、隣にある駐車場へ移動し、実際のバスを見てみることにしました。

071210-5.jpg

作りの上でも機能の面でも、ニセコで走らせるのには十分な質のバスで、ハムは買う気満々!!実際に乗るとどんなものなのか、お座敷バスに乗せてもらい、巣鴨周辺を回ってくれました。

071210-4.jpg

この社長さん。観光案内が目的であればと、観光バスを勧めてくれて、そのバスの開発経緯から、どんな機能を装備したのかを事細かく説明してくれました。しかも、以前「ニセコ」に遊びに来たことがあるらしく、そういった意味でもすごく親近感がわいてしまいました。

目的の観光バスを購入することになり、次に塗装部分の話しになりました。
これには少し時間がかかってしまいましたが、最終的に塗装部分はハムがデザインしたものを貼り付けてもらうことになりました。
果たしてどんなバスが出来上がるのかな?
私までワクワクしてきちゃいました♪

家に戻り、私の愛車になった車にハムを乗せて、ヒラフに向いました。
途中、埋まってしまうこともあったけれど、そんなトラブルもかえって楽しいものです。

071210-7.jpg

ハムがバイクを出してくれて、私にも運転をさせてくれました。
バイクの方がSIMのつなぎ目に強いんだって。
ウィリー走行すると、抜け出すことが出来ます。
車にもそんな装備がついているといいのにね♪

071210-8.jpg

私はこれから毎日、家からヒラフまでの道のりを、この車に乗って通うつもりです。
posted by あいしぇ at 00:00| 日記